━第9回━

 8月上旬に日本サッカー協会から日本サッカー協会認定選手エージェント試験応募要項が発表されました。内容的には昨年9月と今年3月のものと殆ど変わりはありませんが1つ注目すべきところは連続して不合格となった志願者には今回受験が出来ないというところです。

 ちなみに税理士試験は合格しなければならない科目については一定の制限があるものの全ての試験に合格する必要はなく5つの科目を何年かけても合格すれば資格が取れる試験であります。苦節10年、20年とう人も合格体験記で見かけたことがあります。仮に同じ試験科目に何年連続受験しても問題はありません(ただ、時間とお金が相当かかることになりますが)。その点この選手エージェント試験には厳しさがあるかと思います。年に2回しか実施されない試験のうち1回受験できないということは不幸にも連続して不合格となった志願者はその次の試験まで1年間待たなければいけなくなるからです(今回受験でいない志願者は早くて来年の3月となります)。

 また受験者数がまだ数十人規模の試験ですので受験予備校等は現在存在していないかと思います。そうしますと受験資格を得た方につきましては1回目の受験は手探り状態で臨み2回目の受験で1回目での経験から傾向と対策を考え試験に臨むという感じになるのではないでしょうか。これが何百人、何千人単位となればもしかしたら受験対策の予備校等が出来て傾向と対策を研究してくれるところが出てくるかもしれませんね。どの試験もそうですが試験の最初の頃は皆さん独学で合格されていたみたいです。受験対策の予備校等は傾向と対策を考えある程度レールを引いてくれますが試験の難化傾向を招くというデメリットも生じてきます。結論を言えばいつでも合格するのにはそれなりのことが必要なのではと思います。

 
結果は数ヵ月後に出ますが今回の試験で何人合格できるか楽しみにしております。受験される志願者の方は合格できるように頑張って下さい。


閉じる